東京都産業労働局

テレワーク・マスター企業支援事業

東京都では、感染症の拡大防止と経済活動の両立を図るため、
人流の抑制に極めて有効なテレワークの定着に向け、中小企業に対する新たな支援を開始します。
具体的には、都内中小企業1万社を目標に「週3日・社員の7割以上」、1~3か月間、テレワークを実施した企業を
「テレワーク・マスター企業」として認定し、最大80万円の奨励金を支給します。

テレワーク・マスター企業支援事業概要

事業の詳細は、東京しごと財団雇用環境整備課「テレワーク・マスター企業支援奨励金」のホームページをご覧ください。

対象

常時雇用する従業員が1名~300名以下の都内中小企業等

要件

①下記の期限までに、東京都が実施する「テレワーク東京ルール実践企業宣言」へ登録していること
 期日までにテレワーク規定の整備が間に合わない場合は、テレワーク規定を添付せずに仮登録を行うことで、
 テレワーク・マスター企業奨励金のエントリーができます。

 ※テレワーク規定は、後日、マイページからご提出ください。
 (9/1から受付を開始する奨励金の申請までに、テレワーク規定を提出し、「テレワーク東京ルール」実践企業宣言の登録を完了させないと、
  奨励金の申請は行えません。)
 【登録期限】
  ・マイページに「計画エントリーシート」をアップロードする前日の正午まで
②下記の期限までに、「テレワーク東京ルール実践企業宣言」サイト上の「マイページ」に
 「計画エントリーシート」をアップロードしていること
 ※「テレワーク東京ルール実践企業宣言」の仮登録企業も、上記期間内に、「テレワーク東京ルール実践企業宣言」サイト上の
  「マイページ」に「計画エントリーシート」をアップロードしてください。
 【エントリー期限】
  ・3か月コース:7月31日(土)まで※
  ・2か月コース:8月31日(火)まで
  ・1か月コース:9月30日(木)まで
  ※ただし、既にテレワークに取り組んでおり、テレワーク定着トライアル期間(令和3年5月12日から10月31日)に
   「週3日・社員の7割以上」、3か月間のテレワークを実施できる企業は、9月30日(木)まで   
③トライアル期間中(令和3年5月12日~10月31日)に、テレワークが仕事になじむ社員のうち、
 「週3日・社員の7割以上」、1~3か月テレワークを実施していること。

奨励金額

奨励金額
 テレワーク実施人数   3か月コース   2か月コース   1か月コース 
70人以上 80万円 50万円 25万円
50人以上 60万円 35万円 15万円
30人以上 40万円 20万円 10万円
30人未満 20万円 13万円 7万円
小規模企業特例 10万円 7万円 5万円
    ※小規模企業特例とは:
     テレワーク実施人数が30人未満の場合、小規模企業特例として
      ・1か月コース:5万円
      ・2か月コース:7万円
      ・3か月コース:10万円
     の奨励金を支給します。
     なお、トライアル経費が小規模企業特例(上記金額)に満たない場合は、奨励金は支給しません。
対象経費

テレワーク・マスター企業エントリー応募方法

応募書式
以下の書類を作成してください。
提出方法
「テレワーク東京ルール」実践企業宣言の登録受付が完了し、マイページへのログインID及びパスワードが発行されると、
計画エントリーシートが提出できるようになります。
上記応募書類を、電子データで作成の上、マイページにログインし、
「テレワーク・マスター企業」応募ページよりアップロードしてください。

問合せ先

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言への登録、「計画エントリーシート」提出に関すること
「テレワーク東京ルール」実践企業宣言企業事務局
E-mail:info@teleworkrule-tokyo.jp
「テレワーク・マスター企業」の認定制度に関すること
東京都産業労働局雇用就業部労働環境課
TEL:03-5320-4657
奨励金に関すること
公益財団法人東京しごと財団雇用環境整備課 「テレワーク・マスター企業支援奨励金」事務局
TEL:03-6734-1301(平日9時~17時)
※平日12時~13時、土日・祝日、年末年始を除く
文字サイズの変更